about_img1.jpg
line.png

エクソソームとは

NHKでも取り上げられた今注目の物質!

エクソソームとは、細胞が分泌し、体の中で細胞と細胞、臓器と臓器間の情報コミュニケーションを担う物質。脂質二重膜のカプセルに入っており、幹細胞から放出されると他の細胞に入って他の細胞とコミュニケーションを取り、細胞の代謝を促します。特に、間葉系幹細胞のエクソソームは、血管や皮膚を若々しく保つ効果を持っています。

また、全身に分布している幹細胞の若返りを誘導する能力もあり、アンチエイジングに役立つ物質です。さらにエクソソームは、呼吸器疾患の治療にも応用できる新技術として研究が進められており、難病治療にも効果が期待されています。

messageImage_1603558818658.jpg
line.png

細胞間コミュニケーション

生体内の細胞から分泌され、血液など体液を介して細胞間を移動するコミュニケーターとしての役割をもつ。

老化すると細胞から分泌されるエクソソームの性質や分泌量も変化する。アルツハイマー型認知症などでも疾患の発症においてエクソソームの関与が近年示唆されおり、老化に関する研究は、遺伝子発現やタンパク質の変化などの研究蓄積があるが、それらの制御にもエクソソームやマイクロRNAの関与が考えられる。

line.png

老化における エクソソーム

エクソソームとは、細胞が分泌し、体の中で細胞と細胞、臓器と臓器間の情報コミュニケーションを担う物質であります。脂質 二重膜のカプセルに入っており、幹細胞から放出されると他の細胞に入って他の細胞とコミュニケーションを取り、細胞の代謝を促します。特に、間葉系幹細胞のエクソソームは、血管や皮膚を若々しく保つ効果を持っています。また、全身に分布している幹細胞の若返りを誘導する能力もあり、アンチエイジングに役立つ物質です。

人間の老化、イコール、血管の老化

血管内皮細胞の増殖を促進するとともに、動脈硬化などを抑えます。

人間の老化とともに、幹細胞も老化します

全身にくまなく分布している幹細胞の若返りを誘導します。

line.png

 がん予防・最先端のがん検査

エクソソームはがんの治療だけではなく、がんの予防にも効果があると言われています。「BAK療法」を実施することにより、将来のがんリスクを減らすことができます

最先端のがん検査「MyR-CancerTM」

人の血液中には2,600種類以上のマイクロRNAが存在します。

マイクロRNAとは体内で遺伝子やタンパク質を調節している物質で、がん細胞からも少量ですが分泌されています。超早期がん検査「MyR-CancerTM」では、その値を解析することで、腫瘍マーカーや画像検査でも確認できない「ステージ0」レベルからの「がんリスク」を判定します。

がん予防

免疫細胞「BAK療法」

BRM Activated Killer(生物製剤活性化キラー)療法の頭文字を取ったものです。

体に元々存在する自然免疫細胞(NK細胞、γδT細胞)と獲得免疫細胞(キラーT細胞、ヘルパーT細胞)を培養・活性化して、再び点滴によって体内に戻す治療法で、それぞれの特色を生かしたバランスの良い免疫療法です。